私の家出の理由~18歳少女の体験~

私は幼いころから家の環境に恵まれていなくても小さい頃にはすでに両親は離婚しセフレ徳島片親(母親)のもとで一緒に生活をしていました。幼いころは自分がどういった環境で育てられたのかあまり記憶になかったのですが、大きくなるにつれて自分の母親がどういった職についてどういった人間関係を築いているのかということに気がつきました。今まで自分を育ててくれてとても感謝していたのですが、自分が10代を過ぎた頃に何も言わずに外出はするわ、知らない男性を家に連れ込んだりと私のスペースが全くなくなったと思いました。母親との会話もそれ以来随分減り、食事もろくに準備しておらずカップラーメンなどを夕食として毎日のように食べていました。学校ではとても友人に恵まれていた私はいえない母親へのホンネを愚痴っていました。そうしたところ、ネットで家出サイトがあるという話を聞いたのです。確かに家にパソコンがあることは確かなのですが、今までそんあにパソコンをいじったことがなかったので、少し調べてみることにしたのです。家出サイトを検索すると自分のことについて登録することで食事を奢ってくれたり、宿泊をさせてくれる人が存在するそうですね。大丈夫だろうかと思っていたのですが、数人の友人がそのサイトを利用しているということだったので家出をすることを決断した日に登録をしました。この先どうなるか分からないのですが、少し家出をしてみようと思っています。